AIOpsの活用:新しい生活様式が生むコラボレーションギャップ

世界的な健康危機が不確実性を生み出し、部門間の摩擦を悪化させていることは、疑いの余地はありません。すべての人の心理状態と個人の生産性に影響を与える要因の1つは、私たちが人工的なコミュニケーションを強いられている現状にあります。

By Vitria KITTA

このパンデミックで、燃え尽き症候群になる従業員の数が増えているという報告があがっています。それは生産性を悪化させ、経営幹部からシステム管理者に至るすべての従業員に影響を与える可能性があります。世界的な健康危機が不確実性を生み出し、部門間の摩擦を悪化させていることは、疑いの余地はありません。すべての人の心理状態と個人の生産性に影響を与える要因の1つは、私たちが人工的なコミュニケーションを強いられている現状にあります。

休憩所での何気ない会話やカジュアルな雑談は消えてしまいました。事実と感情のバランスを不安定にするEメールは、より長く、より頻繁になり、時にはさらなるあいまいさをもたらします。自発的に事実を収集し、意見を求め、それらに対処することは、今日のこの環境では困難を極めます。我々には何が欠落しているのでしょうか。それは良質なコラボレーションです。

新しい生活様式 が生むコラボレーションギャップ

在宅勤務が始まる前は、企業はコラボレーションを促進するために多額の投資を行い、適切なオフィス環境を整備していました。HRでは、マネージャー達が質の良い従業員を雇うのを助け、加えていち早くチームに馴染むように訓練もしていました。用意されたプログラム、教育担当、適切なオフィスのレイアウトは、日常のコラボレーションにおけるギャップを埋めるのに役立っていました。Slack、JIRA、グーグルハングアウト、Microsoft Teamsは、そのようなギャップをターゲットにしたプラットフォームを提供しています。このようなコラボレーションに溝を生むギャップは今に始まったことではありませんが、規模の拡大、タイムリーなイノベーション、ビジネス革新を必要とする誰もが、コラボレーションのもたらすインパクトをより強く意識しています。
もし部門を越えたコラボレーションギャップが企業の成長に悪い影響を与えているならば、会社はそのギャップを埋めるために、「知的なワークフロー」を設計し、実行しなければなりません。顧客体験を向上させ、エコシステムの観測性を高めるAIOpsプラットフォームを提供する企業のゼネラルマネージャーとして、「知的なワークフロー」にはリアルタイムのデータ分析とオートメーションが必要だと考えています。

ITの効率性と有効性は コラボレーションに依存

ITの効率性と有効性は、コラボレーションに依存しています。コラボレーションは運用の効率化には欠かせないものです。サービス障害への迅速な対応、ペースの速い変化への適応、大規模なイノベーションを採用する能力、これらはすべて「組織の横断的なコラボレーション」に依存します。

しかし残念なことに、IT組織そのものが、独自のツール、ダッシュボード、隔離された専門家を用いて管理されたサイロを育成してしまっているのです。肯定的な観点から見ると、もちろんそのような専門家は必要とされています。障害を切り分け、迅速に対応し、問題の再発を防ぐためには、そのようなサイロと専門家達のコラボレーションも必要とします。

コラボレーションのギャップを埋めることは、会話を増やすという意味ではありません。ギャップを埋めることで、データを推定し、関連するものを相関させ、実際に問題を修正して再発を防げる誰かに正確な情報を伝えることができるようになるのです。

今、IT はあらゆる場所にあり、その働きがクラウドへ移行するにつれて、企業の境界線はなくなりつつあります。デジタル化されたサービスは増加し、従業員やパートナー、収益を生み出す外部の顧客まで、ITが相手にする人口も拡大し続けています。一方で、その新しいITインフラは数社が提供する管理サイロ型のプラットフォームに牛耳られています。各サイロはそれぞれに独自のモニターと管理ワークフローを備えていますが、ITの一部にしか焦点を当てていません。残念なことに、その分離された管理機能が提供する、コラボレーション、根本原因の特定、問題解決アクションはコラボレーションのギャップを生むことがあります。

Vitria AIOpsプラットフォーム

Vitria AIOpsプラットフォームは現在の運用で使われている複数の監視ツール、APMの情報をそのまま活用します。そして様々なレイヤーの様々なデータを統合し、そこから本当にアクションが必要な情報を引き出します。

例えば、「説明可能なAI」から導き出されたインシデントは、必要な関係者に関連するイベントを知らせるとともに、「なぜそれがアラートとして報告されたのか」、「なぜインシデントレベルが引き上げられたのか?」という明確な理由も提示します。このような情報は、トラブルの原因分析にも活用することができます。

働き方の変化やITシステムの重要性が見直されている、現在の状況は監視やサービス運用にテコ入れをし、運用そのものを改善する絶好のタイミングです。すでに複数の監視ツールを導入していて、「期待していた効果がだせていない。」「もっと効率的な運用をしたい。」という方は、ぜひAIOpsプラットフォーム”VIA”を試してみてください。

VIAのトライアルのご要望は、お問い合わせフォームからお願いいたします。

AIOps 導入事例​

顧客が障害を認識する前に レジリエンシーの問題に対処する

お客様への影響を認識することで、リスク減らし ファームウェアのロールアウトを加速することに成功

ネットワーク変更による顧客影響の認識が CSPの運用を変えた

インフラの変更による 予期しないサービスの障害を予防

SD-WAN 環境における リアルタイムのキャパシティ監視と予測管理

SD-WAN環境における クローズドループアシュアランス