AIOpsの活用:新しい生活様式が生むコラボレーションギャップ ​

休憩所での何気ない会話やカジュアルな雑談は消えてしまいました。事実と感情のバランスを不安定にするEメールは、より長く、より頻繁になり、時にはさらなるあいまいさをもたらします。自発的に事実を収集し、意見を求め、それらに対処することは、今日のこの環境では困難を極めます。我々には何が欠落しているのでしょうか。コラボレーションです。

年末のご挨拶

年末のご挨拶 今年も残すところあとわずかとなりました。本来2020年は東京でオリンピック・パラリンピックが開催され、日本経済にとっても飛躍が期待される年でした。ところが、新型コロナウイルスという予想もしなかった事態となり […]

年末年始のご挨拶について

年末年始のご挨拶について 昨今は新型コロナウイルス感染症の感染拡大が懸念されており、各企業においても一層の感染症対策が求められております。 寒気が増す冬季に新型コロナウイルス感染症の感染拡大が見込まれていることに備えて、 […]

AIOpsの活用:監視ツールの利用価値を高める

IT運用チームのメンバは、監視ツールや分析ツールから送られてくる情報に関連性があり、それらをうまく連携することで効率化や運用改善の可能性を感じています。ただ、複数レイヤーから送られてくる情報を、機械的に、かつ効果的に利用する具体的な手段を知らずにいます。

耳順にしてまだ惑う AIOps

現在、我々は第四次産業革命、またはインダストリー4.0 と称される変革期の初期段階にいると言われております。 過去の3度の産業革命では、それぞれ技術、エネルギー、産業の主役が変わっていきました。今回は少し目線を変え長い歴史の流れの中で現在我々が置かれている第四次産業革命という変化期について考えてみたいと思います。

異常検知の課題はAIOps が解決する

Vitria ブログ 異常検知の課題は AIOps が解決する 異常検知で期待する効果を得られていますか? ビッグデータ、機械学習を利用した異常検知は、比較的低いコストで様々な分野に適用できるようになりました。 それに伴 […]

四度目の産業革命

現在、我々は第四次産業革命、またはインダストリー4.0 と称される変革期の初期段階にいると言われております。 過去の3度の産業革命では、それぞれ技術、エネルギー、産業の主役が変わっていきました。今回は少し目線を変え長い歴史の流れの中で現在我々が置かれている第四次産業革命という変化期について考えてみたいと思います。

AIOps の活用事例

Vitriaの AIOps の活用例を集めた事例ページを公開しました。 VitriaのAIOpsプラットフォームが活躍している場面をご紹介しています。 AIOps Platform とは? さまざまな場面で IoT・スマ […]

なぜ いま AIOps が必要なのか?

なぜ いま AIOps が必要なのか? ソフトウェアがあらゆるビジネスに浸透し、IT企業だけでなく、すべてのビジネスのあり方に変化が求められています。この記事では、データ分析、AI/機械学習をシステム運用やビジネスに活用 […]

多読 Tadoku, extensive reading​

多読 Tadoku, extensive reading 多読三原則 1. 辞書は引かない 2. 分からないところは飛ばす 3. 合わないと思ったら投げる (多読三原則 引用元: NPO多言語多読 https://tad […]