事例のご紹介

Vitria Digital Operation Suite & AIOps Platform

お客様への影響を認識することで、リスク減らし
ファームウェアのロールアウトを加速することに成功

ストーリー - Story

大規模なコンテンツサービスプロバイダーが100万台のデバイスに向けたファームウェアアップグレードプログラムを開始しました。ラボ内での徹底した事前検証もクリアし、限定的なロールアウトの準備が完了していました。 さまざまな環境での確認が必要なため、限定的なアップグレードの対象は、ランダムに10,000台のデバイスが抽出されました。オペレーターは、すべてのデバイスにファームウェアを展開する前に、限定されたデバイスでKPI をリアルタイムに追跡し、顧客体験(CX)にプラスの影響があることを確認しました。

VIA Digital Operations の役割

手間とコストのかかる変更管理を自動化し、問題とその根本原因を迅速に特定しました。運用コストの削減、リスクの軽減、顧客エクスペリエンスの向上を達成しました。

解決方法 - Solution

Vitriaのデジタルオペレーションフレームワークは、この変更管理のユースケースをサポートするために使用されました。アップグレードされたデバイスの母集団は、ログデータ分析を通じて動的に作成されました。そのデバイスの母集団には、リアルタイムのKPIが関連付けられるため、カスタマーエクスペリエンスに問題あれば直ちに特定されます。このケースでは、ファームウェアと5Ghz帯域のWiFiの間に微妙な互換性の問題が発見されました。その問題は大規模なロールアウトを実施する前に修正され、潜在していたネガティブなカスタマーエクスペリエンスは未然が排除されました。

成果 - Outcomes

  1. 大きな影響を与えるファームウェアのロールアウト時間を数ヶ月から数週間に短縮
  2. 変更管理イベントの監視に必要な作業量はゼロに減少
  3. 潜在的していた数千人規模のネガティブなCXを排除

AIOps 導入事例​

顧客が障害を認識する前に レジリエンシーの問題に対処する

お客様への影響を認識することで、リスク減らし ファームウェアのロールアウトを加速することに成功

ネットワーク変更による顧客影響の認識が CSPの運用を変えた

インフラの変更による 予期しないサービスの障害を予防

SD-WAN 環境における リアルタイムのキャパシティ監視と予測管理

SD-WAN環境における クローズドループアシュアランス