事例のご紹介

Vitria Digital Operation Suite & AIOps Platform

SD-WAN環境におけるリアルタイムモニタリングとクローズドループアシュアランス

ストーリー - Story

ダッシュボードとアラーム通知によるネットワークモニタリングは、ネットワーク事業者にとって複雑なSD-WANネットワーク全体のサービスレベルを維持するには不十分です。ネットワークトラフィックが混雑し、パフォーマンスが低下傾向にある場合、その問題への対応は即座に行われます。問題が発生してからでは、顧客体験の低下とカスタマーサポートの負荷を避けることはできません。

解決方法 - Solution

VitriaのAIOpsプラットフォームは、SD-WANネットワーク全体を監視し、パフォーマンスが損なわれないように必要なアクションを自動的に実行します。パフォーマンスが通常とは違う値に近づいている場合、問題診断に基づいたクローズドループアクションと、事前に決定されたしきい値の範囲内に、パフォーマンスが維持されます。監視を継続し、トラフィックが沈静化したり問題が解決した場合は、ネットワークを通常レベルに戻す処理が行われます。自動クローズドループインテリジェントアクションは、運用監視から人間の介入を排除し、運用コストを削減します。

VIA Digital Operations の役割

  1. QoS のしきい値に対して実装されたリアルタイム SD-WAN ネットワーク監視
  2. 輻輳が発生を検知した場合、帯域幅を増やして負荷を低下させ、パフォーマンスの監視を継続
  3. トラフィックが安定し、事前に定義されたレベルに落ち着くと、元の帯域幅へ
  4. サービス品質の低下が、トラフィックの増加や帯域幅の問題ではな場合、サービス品質が戻るまで優先度を重視した運用に自動的に変更
  5. リアルタイム監視と自動対応により、セキュリティの向上、スタッフの効率の向上、コストの削減が可能に

AiOps by Vitria

どのような環境にも対応できるワイドスコープ AIOpsプラットフォームにより、サービス提供のすべてのレイヤーにわたってクローズドループの自動化が可能になります。カスタマーエクスペリエンスの向上とオペレーションの最適化、セルフ・ヒーリングを可能とします。

AIOps 導入事例​

顧客が障害を認識する前に レジリエンシーの問題に対処する

お客様への影響を認識することで、リスク減らし ファームウェアのロールアウトを加速することに成功

ネットワーク変更による顧客影響の認識が CSPの運用を変えた

インフラの変更による 予期しないサービスの障害を予防

SD-WAN 環境における リアルタイムのキャパシティ監視と予測管理

SD-WAN環境における クローズドループアシュアランス