事例のご紹介

Vitria Digital Operation Suite & AIOps Platform

インフラの変更による予期しないサービスの障害を予防する

ストーリー - Story

顧客体験は日々の積み重ねから作られます。加入者サービスは、メインのテレビでのみ動作していて、ケーブルプロバイダーはなぜ問題が発生しているのかを認識できていません。そのため、トラブルが起きるたびにメンテナンスに駆けつける必要がありました。

解決方法 - Solution

Vitriaの動的ポピュレーション管理では、すぐに問題の原因を特定できました。その結果、加入者の6%が影響を受けていることもすぐにわかりました。根本的な原因は、ファームウェアの更新により、デバイスに影響を与える機能が無効にされたためでした。サービスの購読者には、この問題はすでに対応中であることが通知されました。ファームウェアは以前のバージョンにロールバックされました。最初に予定されたオンサイトのメンテナンス修理はキャンセルされました。

成果 - Outcomes

  1. 問題の原因が特定され、迅速に修正されました。
  2. お客様は迅速な問題解決に満足しています。
  3. 技術者のオンサイト訪問にかかるコスト数万ドルが節約されました。

VIA Digital Operations の役割

問題とその根本原因を迅速に特定し、アクションを自動化する機能により、運用コストの削減、可用性の向上、顧客エクスペリエンスの向上を同時に実現します。

AIOps 導入事例​

顧客が障害を認識する前に レジリエンシーの問題に対処する

お客様への影響を認識することで、リスク減らし ファームウェアのロールアウトを加速することに成功

ネットワーク変更による顧客影響の認識が CSPの運用を変えた

インフラの変更による 予期しないサービスの障害を予防

SD-WAN 環境における リアルタイムのキャパシティ監視と予測管理

SD-WAN環境における クローズドループアシュアランス