事例のご紹介

Vitria Digital Operation Suite & AIOps Platform

SD-WAN 環境におけるリアルタイムのキャパシティ監視と予測管理

ストーリー - Story

狡猾で陰湿なサイバー脅威にさらされているSD-WAN環境では、常に整備されたセキュリティインフラと、成熟度の高いセキュリティ体制の維持を余儀なくされます。国際的な金融会社は、仮想ファイアウォールやセキュリティ関連コンポーネントのライセンスプールを超えることなく、ネットワーク容量の制約を維持し、セキュリティレベルも維持することが、彼らが所有するワールドワイドのネットワークで求められていました。

解決方法 - Solution

VitriaのVIA AIOpsプラットフォームにより、効果的で効率的なセキュリティインフラを維持するための、監視、分析、クローズドループのインテリジェントアクションを実行することができます。定義済みの論理ルールや現在の状況、過去に発生したイベントに基づくインテリジェンスな自動アクションが実行されます。将来必要とされるキャパシティ、ネットワークの増強要件を予測するための分析モデルが作られました。

成果 - Outcomes

  1. キャプチャされた監視情報
  2. 現在の消費量を基準としてライセンスの利用率を評価し、しきい値を超えた場合は自動的に通知アクションを実行
  3. 仮想ネットワークの帯域幅の使用率を監視、一定の期間しきい値を超えた場合、帯域幅を自動的に増強
  4. どのような状況のときに容量の増強が必要かを予測する、使用率に基づく解析モデルを開発

VIA Digital Operations の役割

どのような環境にも対応できるワイドスコープ AIOpsプラットフォームにより、サービス提供のすべてのレイヤーにわたってクローズドループの自動化が可能になります。カスタマーエクスペリエンスの向上とオペレーションの最適化、セルフ・ヒーリングを可能とします。

AIOps 導入事例​

顧客が障害を認識する前に レジリエンシーの問題に対処する

お客様への影響を認識することで、リスク減らし ファームウェアのロールアウトを加速することに成功

ネットワーク変更による顧客影響の認識が CSPの運用を変えた

インフラの変更による 予期しないサービスの障害を予防

SD-WAN 環境における リアルタイムのキャパシティ監視と予測管理

SD-WAN環境における クローズドループアシュアランス