VIA AIOps : ネットワークサービス保証におけるアクションの加速

VIA AIOpsは、サービスに影響を与える問題を、サービスレイヤー内およびサービスレイヤー間の相関から検出し、迅速に解決します。

次世代アプリケーションであるVIA AIOpsは、データサイエンスを活用してアラームノイズを削減し、異常を早期に検出して根本原因を特定。処方的なアクションを実行します。

ネットワーク-オペレーション-マネジメントのために開発されたVIA AIOpsは、障害、パフォーマンス、および変更管理プロセスを最適化します。

 VIA AIOpsは水平スケーリングに対応しており、膨大なデータを必要とするミッションクリティカルなシステムをサポートします。

障害対応コストを大幅に削減

ネットワーク運用の効率を大幅に改善

カスタマー・エクスペリエンスを大幅に向上

お客様から問題の報告を受ける前に、サービスに影響のある問題を検出できます。

顧客体験はとても壊れやすいものです。

サービス運用チームは、インシデントを迅速に検出し、トリアージし、解決するために、アプリケーション、ネットワーク、インフラのサービス・パフォーマンスを完全に把握している必要があります。

多くの企業は、豊富なモニタリングツールを持っているにもかかわらず、サービスに影響を与える問題の原因を迅速に特定することができていません。

サービス層全体を把握する適切な分析サポートがなければ、複数のチームの技術者が別々に問題の症状を追いかけることになり、貴重な時間を無駄にし、かつ解決プロセス全体を遅らせることになります。

これが、多くの企業が VIA AIOps を選択する理由です。

VIA AIOpsは、デバイス、ネットワーク、アプリケーションなど、異なるレイヤーのストリーミングデータをリアルタイムで収集、エンリッチします。

既存の監視ツールやプロセスと統合し、それらの価値を最大限に高めます。 

VIAは、人工知能、機械学習、および高度な分析を活用して、障害、パフォーマンス、およびカスタマーエクスペリエンスの問題をより早く特定し、根本原因を特定します。

また、VIAは問題の影響範囲を特定し、ターゲットを絞った修復や、既存のバックエンド・システムと統合し、問題対応のプロセスを自動化します。

 

VIA がどのようにコストを削減し、運用効率を向上させることができるのか?

実際にお客様から報告された以下の情報をご覧ください。

  • カスタマーサポートの数が年間18%減少
  • 技術者の訪問回数が12%減少
  • 増員スタッフの25%削減
  • ツールのライセンス費用を22%削減

ノイズを減らし、より早く行動に移す