VIA AIOps Application

データ駆動のチカラ。
VIA AIOps でインシデントの影響を軽減する

AI、ML、リアルタイムアナリティクスによるサービス保証の最適化

ビジネスに重要なネットワークサービスを、予測可能で高い可用性で維持するには、社内外に関わらず、その運用に依存しています。

VIA AIOpsによる測定可能な成果

エンド・ツー・エンドのサービス保証

VIAは運用コストを削減しながら顧客体験を向上させ、AI、機械学習を用いた高度な分析を活用して、アラームノイズの削減、問題の早期検出、根本原因を明らかにし、処方的なアクションを実行します。

VIA AIOpsは、既存の監視ツールやプロセスとシームレスに統合し、それらを相互に関連付けることで、運用監視の価値を高めます。

VIA AIOpsの特徴

  • 数十億のデータポイントの解析に対応
  • ミッションクリティカルなアプリケーションを確実にサポート
  • 既存のサービス管理・監視システムとの統合が可能
  • ストリーミングデータをリアルタイムで収集、エンリッチメント、分析
  • クラウドおよび従来型の環境をサポートし、運用上のサイロを越えた障害およびパフォーマンス管理プロセスを実現
    垂直および水平方向のアプリケーションとワークロードのレイヤーを横断した分析と根本原因の特定
  • インテリジェントでタイムリーな洞察により、既存の運用システムをより効率的に
  • インシデント管理システムや既存のツールとの統合により、チケットのオープン、クローズ、アップデート、適切な修正エージェントの起動、イベントの症状に影響を受ける他のチームへの通知が可能
  • システムの動作の原因と理由を明らかにし、アグレッシブな対応を可能にする
  • アプリケーションやサービスの依存関係を学習・教育し、包括的なオントロジーを構築
  • メトリクスやイベントストリームに対して自動的に計算された日中の季節ベースラインを用いて、高度な異常検知を実現
  • データが収集されると、各指標や次元のベースラインを継続的かつ自律的に更新
  • 単純な閾値境界条件では見逃してしまうシグナルや異常値を捕捉
  • 時間的な相関関係だけでなく、オントロジー的な重なりも含めた親和性分析により、診断分析を加速させ、根本原因を見つけるための変化を特定
  • テクノロジースタック全体からのシグナルをグループ化することで、ノイズを減らし、根本原因を特定
  • AIによる相関関係と親和性分析により、イベントやシグナルが関連しているかどうか、それらを1つのインシデントとして扱うべきか、別々に扱うべきかを判定
  • 人工知能と人間の知能を組み合わせて、システム構成の変更に関するwhat-if分析を行い、システムパフォーマンスをさらに最適化する
  • 直感的でダイナミックなUIとペルソナベースのビュー
  • 最適な情報を、最適なタイミングで、最適な人に通知
    • ダッシュボード、グラフィック、テーブルビュー
    • 柔軟でダイナミックなアドホック・フォレンジック分析
    • 状況、問題、インシデントに応じて自動的に作成されるビュー
  • メトリクス、ログ、イベント、トレースデータの受け入れ

    • アプリケーション、ネットワーク、インフラ監視ツールのネイティブコネクタでのデータ取り込み

    • 標準・非標準フォーマットのRAWデータの取り込み

  • クラウドネイティブ環境において、様々なソースからデータを収集し、実行

  • VIA の Signal Onboarding により、新規のデータ・フィードでも1時間以内で接続・取り込めます

    • 特定のデータモデルやデータ仕様に適合するデータが不要

    • データセットの取り込みと解析のためのローコード開発環境

  • 障害およびパフォーマンス管理に使用するMIBデータのキャプチャを自動化

VIA AIOps エンド・ツー・エンドのサービス保証