いつもと違う≠異常検知

異常検知から予知保全へ 機械学習やビッグデータを活用し、そこから本当の価値を得るには「異常検知」だけでは不十分です。予定外のシステム停止や過剰なメンテナンスコストを減らし、できる限りサービスを安定的に運用する。システムの […]

コラボレーションの課題とAIOps

企業側はコラボレーションのギャップを埋めることで、顧客のサービスへの期待に応え、そして期待値を超えたサービスを提供することができるのでしょうか?

AIOpsの活用:新しい生活様式が生むコラボレーションギャップ ​

休憩所での何気ない会話やカジュアルな雑談は消えてしまいました。事実と感情のバランスを不安定にするEメールは、より長く、より頻繁になり、時にはさらなるあいまいさをもたらします。自発的に事実を収集し、意見を求め、それらに対処することは、今日のこの環境では困難を極めます。我々には何が欠落しているのでしょうか。コラボレーションです。

AIOpsの活用:監視ツールの利用価値を高める

IT運用チームのメンバは、監視ツールや分析ツールから送られてくる情報に関連性があり、それらをうまく連携することで効率化や運用改善の可能性を感じています。ただ、複数レイヤーから送られてくる情報を、機械的に、かつ効果的に利用する具体的な手段を知らずにいます。

耳順にしてまだ惑う AIOps

現在、我々は第四次産業革命、またはインダストリー4.0 と称される変革期の初期段階にいると言われております。 過去の3度の産業革命では、それぞれ技術、エネルギー、産業の主役が変わっていきました。今回は少し目線を変え長い歴史の流れの中で現在我々が置かれている第四次産業革命という変化期について考えてみたいと思います。

四度目の産業革命

現在、我々は第四次産業革命、またはインダストリー4.0 と称される変革期の初期段階にいると言われております。 過去の3度の産業革命では、それぞれ技術、エネルギー、産業の主役が変わっていきました。今回は少し目線を変え長い歴史の流れの中で現在我々が置かれている第四次産業革命という変化期について考えてみたいと思います。

AIOps の活用事例

Vitriaの AIOps の活用例を集めた事例ページを公開しました。 VitriaのAIOpsプラットフォームが活躍している場面をご紹介しています。 AIOps Platform とは? さまざまな場面で IoT・スマ […]

なぜ いま AIOps が必要なのか?

なぜ いま AIOps が必要なのか? ソフトウェアがあらゆるビジネスに浸透し、IT企業だけでなく、すべてのビジネスのあり方に変化が求められています。この記事では、データ分析、AI/機械学習をシステム運用やビジネスに活用 […]

AIOpsの行方①:視力 2.0

AIOpsの行方 DESTINATION:AIOps AIOpsはIT運用における視力の矯正であり、 AIと機械学習を応用し、IT運用の複雑な課題に対応します。どの部分からスタートするかに関わらず、AIOpsはIT運用チ […]