AIOps プラットフォームの 5つ の特徴

現代のデータセンターの複雑さと規模は、IT環境の急速な変化と相まって、人間が効果的に管理するには大きくなりすぎています。

アップタイム・インスティテュート(2019)

ITをビジネスの軸とする企業のほとんどは、オンプレミスのデータセンターに加え、クラウド環境も利用しています。 その複雑さを管理するために、IT運用チームはより多くの技術を採用しこれらの運用をしています。
デジタルエンタープライズジャーナルが行った最近の調査によると、IT運用チームの70%はパフォーマンス監視に6つ以上のツールを使用し、さらにハイブリッド環境を管理するために専用ツールも追加しています。

それほど沢山のツールを採用しているにも関わらず、従来の監視ツールでは、複数のシステムが相関するパフォーマンスの問題を追跡することはできませんでした。そのため、IT運用チームのエンジニアは、トラブルの根本的な原因を追求するために、複数のドメイン間のデータをマニュアルで分析し、自力で関連付けを行う必要がありました。

当然、このような方法では、ダウンタイムが長くなることは必至で、常に増え続けるデータと追加され続けるシステム間連携を考慮すると、今後のビジネス停止リスクは高まる一方です。
さらに、アジャイル開発やDevOpsの文化が広まり、それらがもたらすアプリケーションと機能エンハンスの迅速で頻繁なリリースは、IT運用チームにさらなる負担を課します。

IT環境は現代のビジネスには必須で、その運用にリスクがあってはなりません。IT運用チームがしっかりとビジネスを支え続けるためには新しいソリューションが必要であり、その一つが AIOps です。

IT運用チームは現在、多数のデバイスや監視対象システムから報告されてくる何千ものアラート通知やインシデント通知を受け入れ、処理に追われています。そのような(あらゆる場所で大量のデータが発生している)環境には、 AIOps が解決できる問題が存在しています。

例えば、多数のシステム間の相関データを分析し、問題の根本原因を特定することは、AIOps が得意とする分野でダウンタイムの削減目標を達成することができます。

AIOps プラットフォームの 5つ の特徴

  1. Data Ingestion: AIOps は、さまざまなソースからストリーミングデータやバッチデータを大規模かつ高速に取り込むことができます。
  2. AIOpsは機械学習(ML)と高度な分析を活用し、重要なタスクを短時間で処理します。 パフォーマンス分析、異常検出、イベント相関の分析、ITサービス管理などが得意です。
  3. 機械学習(ML)と人工知能がAIOpsプラットフォームに統合されることで、インフラストラクチャやアプリケーション監視プロセスを含むIT運用のワークフローを自動化できます。
  4. AIOpsプラットフォームは強力で賢い視覚化を提供します。 ピンポイントで問題を特定し、修正措置を講じるための情報を得ることができます。
  5. AIOpsプラットフォームが持つクローズドループオートメーション機能は、ITの自己修復モデル(self-healing model)を検討している組織にとって重要な要素となります。ここで言う自己修復モデルとは、人間の介入なしにシステム異常の修復行動が取れることを意味しています。
 AIOpsを活用したIT運用が、新しいビジネス・イニシアティブを可能にし、顧客体験の向上をもたらします。 

VIA by Vitria フルスタック AIOpsプラットフォーム

VIAは、ビジネスで最も重要とされる可用性の向上とアプリケーションとインフラストラクチャのパフォーマンス向上により、顧客体験(CX)の向上させるAIOpsプラットフォームです。

これまでのアプリケーション監視ツールや他のAIOpsプラットフォームとは異なり、VIAは複数のシステムを横断するデータソースを大規模かつリアルタイムで処理することに優れています。

インフラ層からアプリケーション層、サービス層への多層相関と問題解決をサポートする分析機能フルスタックの可視性、アクションに繋がる洞察、リアルタイムでアクティブな自動化を提供します。

VIA AIOps Platform 」は、IT運用を負担のかかるコストセンターから、戦略的なビジネスを支える基盤に変換します。

[資料ダウンロード] AIOps Platform データシート


ご入力いただいた個人情報は、製品・サービスのご案内、各種セミナーやイベントのご案内に利用することがございます。当社の個人情報保護方針につきましては、個人情報保護方針のページをご参照ください。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ